ブログトップ

札幌表現会 公式ブログ

hyogenkai.exblog.jp

真の表現者を育成・支援する市民団体です

山岡家カップラーメン第三弾

俺に選択肢などなかった...


そう...20代も後半を迎えた今、あの赤(黒まじり)の暖簾は避けてきたのだ。

「くさい」という圧倒的存在感
「くどい(脂っこい)」という圧倒的打撃
「気持ち悪い」という圧倒的インパクトを与え
「3k」三冠という三沢以来の偉業を成し遂げなお君臨し続ける無敵艦隊

そ れ が 山 岡 家

初めに記しておくが俺はかれこれ5年は近づいていない。

それが今まさに容を変えここに現れやがる。
d0228463_23503357.jpg


左脳がどよめきだす

もうカタギに戻った俺に何の用だ?

彼は沈黙を破らない



「じゃあぶっ潰すのみ!」


てな訳で開封
d0228463_23582059.jpg

なんかゴチャゴチャ偉そうな事書いてあるけどあえてスルー
(皆さん買ってからのお楽しみに)
かつての師、佐野さんは多くは語らなかった。
「いいから早くラーメンを運んでこいよ!」
そう言ってくれたに違いない。

d0228463_00011418.jpg

これは元々ほうれん草だったものか?果たしてこいつがどんなストーリーを魅せてくれるのか。

d0228463_00022771.jpg

待つこと5分....遂に決戦の時を迎えた。


まずは香り...

「くっさい!だけどあの獣の臭さは足りない」

ここからは箇条書き「(面倒)臭いんで」
・麺の太さ:普通の製品と比較して細い
・スープ:臭いが重みがない、あの重量感はやはりカップラーメンでは無理か
・脂:合格、画像の通り見た目はそれっぽく膜貼りメッセ


ここで頼れる助っ人登場!
お前が真の山岡家ならこいつとの相性は抜群なはず



d0228463_00094787.jpg

試しに小さじ半分投入。
この程度で攻略出来るはずもなく脂の海に沈む。

続いてもう半分追加。
ようやく豆板醤の悲鳴が聞こえ始める。

二口食したあと更に小さじ一杯追加。

「うんこれだ!」

オススメは2杯と断定。
スープの色は赤く変貌しますが。

☆★☆総合判定☆★☆
100点満点中...



30点。

再現しようとしているのは解るが今一歩な感想。
だが食後のムカつき度は相当高い。覚悟しておきたまへ。



やり遂げたよ...最期まで!
d0228463_00180053.jpg
Fun

[PR]
by hyogenkai | 2015-04-01 23:38 | 基本的表現活動