ブログトップ

札幌表現会 公式ブログ

hyogenkai.exblog.jp

真の表現者を育成・支援する市民団体です

新年度の目標について

当会もいよいよ新年度を迎え、一層の発展を目指し
躍進と進展を遂げる一年であるよう祈ってなりません。

2012年度目標は
『対立と対話から新会員の獲得及び世界平和の実現』

以上を目標とし、可及的速やかに達成する為、下記の基本方針を定める。

一、HC的活動と表現的ノーマライゼーションを実現する

・HCとは表現コントロールの略であり、我々は表現力を常に一定水準以上発揮する為に
 喜怒哀楽を表現する最、その能力の使用値を意図的にコントロールする必要がある
 またく、一般市民や新入部者に対しても決して差別することなく対等に接する

二、CSRを追求し、社会正義をつらぬく


・当会における、コーポメントソーシャルレスポンシビリティは、例えばだが、二次会で酔っ払って
看板を蹴り倒したり、人様に迷惑をかけない、そういった事や、法に抵触するような発言や行動を
慎むように各会員に周知徹底することである。
さらに、そういったことにより社会に対しある一定の貢献ができる、例えば当会活動により
カラオケ店が繁盛したり、ジョイサウンドのプレミアム会員が増え、結果的に国収める税金が
増えるということだ、これが我々の最終活動意義である。

三、独自作曲音源を公開し、当会への関心を高める


・これはブルーオーシャン戦略の一環であるが、他社の模倣ではなく
当会のオリジナル曲を作る事により、競合が真似できない事をやろうという事である。
我々はカラオケというマジョリティに対する切り込みしか行なっていなかったが、今後はよりマイノリティに対するアポイントメントが必要となる。

四、オールラウンドヒョウゲンソリューションの実現

・狭い視野ではなく、様々な分野との交流を実現し、活動していく事で
当会の弱点を自然に克服し前へ進めることの意味である。
つまり我々は常にチャレンジするこをを諦めてはいけない!
ヒョウゲナーイズビーアンビシャス!


以上、会員の皆様はしっかりと覚えておいてくださいね。
[PR]
by hyogenkai | 2012-04-14 21:04 | 基本的表現活動